Hなガールズトーク ブログパーツ アクセスランキング

電マを買ってきた夫と調教夫婦エッチした絶頂日記

ある日主人がディスカウントショップで「安かったから」と電気マッサージを買ってきました。

「いいだろ?」そういって箱から取り出し、主人は自分の肩に当てて「う~ん…」なんてうなりながら試してました。

「肩こりにはどう?」と私が尋ねると、「ん~まあ、所詮機械だなあ…」なんて不満そうでした。

「やっぱりマッサージは手じゃなきゃ気持ちよくないんだよ」そんな会話をしながら食事とお風呂を済ませ、ベッドに入ったのは0時過ぎでした。

私が先にベッドに入りうとうとしている所に主人がやってきてベッドに入ります。
そして背中をむけて寝ている私に後ろから抱きついてきてパジャマの中に手をのばしてきました。

下着をつけずに寝ている私の胸を主人の手のひらが包みます。そしてゆっくり円を描くように動かしてきました。

「やだ、明日早いからやめてよ!」そういっても主人の手は止まりません。
乳首を親指と人差し指でくりくりとつまみ、もう片方の手でアソコに触れてきました。

「やだってば…ぅぅん…」「なんだよ、やだって言いながら濡れてるじゃん」
「仕方ないでしょ、ぁぁ…っ」徐々に明日のことは考えられなくなってきて気持ちよさに身を委ねてしまいました。




私を仰向けにして主人が私のパジャマを脱がせます。そして足を大きく開かせ、私のアソコから溢れてきた汁を中指ですくって、
「ほら、こんなに濡れてる」私にその指を舐めさせます。

そして今度は主人が自分のおちんちんを私の口元に押し付けてきました。

「舐めろ!」

ここまでのやり取りはいつも通りでした。私は言われるがままに主人のおちんちんを咥えました。

しばらく舌先で舐めていると主人はガマンできないのか、私の口で腰を使って出し入れを激しくし始めました。

少し大きめの主人のものが私の口の中でいっぱいになり、私は呼吸が出来なくて目を閉じたままその行為が終わるのを待ちました。


必死に咥えていると私のアソコに何かあてられました。「何??」って思ったと同時にものすごい振動が私を襲いました。
さっきの電気マッサージ器でした。

「あっっ!!!あぁ~!!」

思わず口をはずして叫んでしまいました。指とはもちろん違う、ローターの振動も比べ物にならないほどの快感!あっという間にわけもわからないまま絶頂に…

「あぁ~ん、イクっ!イク~っ!!」

アソコがものすごい勢いで痙攣してしまいました。なのに主人はいっこうに手を止めずに私を責め続けます。また来る絶頂。


「…だめ!だめっ~!あぁ、また来るぅぅぅ~」

イッてもイッても何回でもイケてしまうんです。これを何回繰り返されたんでしょうか。

主人は「すごいだろ?これ使うと女は何回でもいけるんだよ!」そう言って、また意地悪く私を責め続けました。
私はこのままじゃおかしくなる!って思うほど責められ続けました。

最後にはとうとう、「お願いします…もうやめて…ください。おかしくなっちゃう…ほんとやめて…ください!」

泣きながら本気でお願いしていました。やっと主人の手が止まったと思ったら、今度は休むまもなく主人のおちんちんが私の中に入ってきました。ぐったりした私を犯している主人はかなり悦びに満ちた表情でした。
もともとSっ気が強いのでずいぶん興奮したんでしょう。

挿入しながら主人は、「こんなセックス他じゃできないだろ~?浮気できないな!」なんて言っていました。

確かに主人とのセックスは気持ちいいです。ただここまで責められたのは初めてで、私の意識は朦朧としていました。人形のようにぐったりする私に激しくピストンを繰り返し、私の顔に向けて射精しました。
それでも私はぐったりしたままでした。

後日主人に聞くと、「電マはセックスに使うために買ってきた」とのことでした。

Yahoo!ブックマークに登録

テーマ:えっちな体験談・告白 | 電マ

私が好きになった男性は、友人の息子さんでした

故郷の親友の息子(中学3年生)が夏期講習で、我が家に来た時のことです。
 彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。
 私は30半ばの既婚でしたが子供はいません。
 そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとってそうではなかったのです。
 でも、私はそんなことに気づく事はありませんでした。
 夏休み初日、彼は家に着くとすぐに、夏期講習の受付にでかけました。
 私は彼の帰りを待っている間、私はソファーでウトウトしていました。
 どれくらいウトウトしていたのかはわかりませんが、何か人の気配を感じ目を覚ますと彼が隣に座りじっと私を見ています。
「どうしたの」
「おばさん、僕」
「何?」
 と、突然、私に覆いかぶさってきました。
「だめよ、こんなことしちゃ」
 彼の手は服の上から私の胸を触っています。
「おばさんがずっと好きだったんだ」
 私はびっくりしましたが、とっさに彼を抱き締め、彼の唇を奪いました。
 これには逆に彼が驚いたようですが、私が重ねた唇から舌を差し込み、彼の舌と絡め合わせて、ディープキスを時間を掛けて交わすと彼の体から力が抜け、股間のオチンチンは硬く大きくなっていきました。
「落ち着いた」
「うん」
 唇を離し、私の問いかけに彼は頷きました。
 彼に私を襲うとした理由を聞くと、私の事を小さい時から好きだったのと、母親の自分に対する重圧が相当なストレスとなっていたらしく、寝ている私を見てついムラムラとしたみたいです。
「ごめんなさい」
 謝る彼を私は可愛いと思うと同時に愛しさがこみ上げてきました。
「ううん、かわいい公平君が私のことを好きだといってくれたんだもの。私もあなたの事が好きよ。だから、そんなに悲しい顔をしないで」
「ねえ、公平君、キスとか初めてでしょ、私が相手でよかったの」
「うん、初めてがおばさんでうれしい」
「ありがとう。じゃあ、おばさんが公平君の初めてを全部奪ってあげる。私に公平君の童貞を奪わせて。その代わりに好きなだけ、生で中出ししていいから」
「いいの」
 実は夫とは30代になってからはずっとレス状態でした。
 私は欲求不満解消の為に11歳から16歳くらいの男の子を誘惑し、私のマンコで童貞を食っておりました。
 だから、彼に襲われたても、対処できましたが、ここ1年はうまくいかないので久しぶりの童貞が食えるので嬉しくてたまりません。
「もちろんよ、さあ、ここではなんだし、ベッドに行こう」
 私は彼を連れて、寝室に行きました。
 寝室に行くと再び、ディープキスをしました。
 私は彼の服を全部脱がせました。
 跳ね上げられるように彼のオチンチンがが出てきました。
 今まで体験した少年の中で一番大きかったです。
 それを両手で持ちゆっくりとしごきました。
 気持ちよさそうな彼。
 ついで先端部分を優しく舌で刺激すると液体が出てきます。
 すっぽり口に含み、数回上下すると、彼はうめき声と同時に私の口の中いっぱいに精液を放出しました。
 私はそれを飲み干し、さらに舐りまわし、3回も口の中に出させ、もう1回舐りまわして大きくしました。
 我慢できなくなった私は、彼をベッドに寝かすと全裸になり、跨りました。
「さあ、公平君の童貞を奪ってあげるね」
「うん」
 彼の返事と同時に、私は自ら彼を体内に迎え入れました。
 さすがに3回放出しているので長持ちしました。
 上下左右に腰を回転させ、私は親友の息子の童貞のオチンチンを堪能しました。
 いきそうとの叫び声。
「いいよ、中に出しなさい。私のこと好きなんでしょ。好きな女の中にいっぱい出して」
 彼の物はドクドクと大量の精液を吐き出し、私は子宮で受け止めていました。
 さらに彼が満足するまで、セックスをしました。
「ねえ、公平君、約束して。夫やあなたのお母さんはもちろん誰にもしゃべらないと。それからしっかり勉強をして、東京の高校に入ると。約束を守るなら、夏休みの間、ずっとセックスしてあげるから」
「本当、僕、頑張るから」
 こうして夏休みの間、夏期講習から帰ってきたら、すぐに彼とセックスをし、私の膣内で精液をすべて吐き出させました。
 彼と私の体の相性はばっちりで、最初は私のペースでしたが、夏休みが終わる頃には彼にペースを奪われ、大きなオチンチンで私の膣内を味わってセックスをするようになりました。
 もちろん、約束どおりに勉強に集中し、彼の成績は夏期講習の間、ずっと10位内に入っており、二学期中旬には高校の推薦入学を勝ち取りました。
 二学期なので一旦故郷に帰りましたが、冬休みに高校の下見のためにと我が家を訪れ、夫も出張でいなかったので、二人でセックス三昧の日々を送りました。
 高校に入ると我が家に彼を下宿させています。
 もちろん、毎日、学校から帰るとすぐに、夫が出張でいない週末は一晩中、彼と愛し合っています。

Yahoo!ブックマークに登録

テーマ:エッチな告白体験談 |

片思いしていた男性と初めてH出来た日【胸キュン】

携帯から失礼します。
私、女ですが投稿しちゃいます。

大学時代、友達歴3年のMがいました。
Mはかなりの男前で、めちゃめちゃタイプだったんです。
でも、当時Mには彼女がいたので本当に私とは友達どまり。
そんなMが一人暮らしをしだしたので、他に友達も呼んで皆でM宅で飲もうということに…。

しかし、誘っていた友人達がドタキャン!Mと二人きりになってしまいました。
Mはせっかくだからとドライブにも連れて行ってくれましたが、結局、お酒を買ってM宅でゆっくり飲むことに…

一人暮らしの男の部屋で二人きりになるのも躊躇いましたが、Mには彼女もいるし、友達の私に手をだすなんてまさかないだろうと安易に考えていました。

Mのマンションは高層で、一角が全面ガラス窓。そこにベッドが置いてありました。
お決まりの間接照明で、「あ〜、ここでいっぱい女の子口説いてるんだろうなぁ」なんて思いながらMと飲み始めました。

だいぶお酒も入った頃、Mが立ち上がり、私の背後へ周り抱き着いてきたんです。
私もタイプのMとこうなることを期待していたのかもしれません。

耳にキスをされ、穴に舌を入れられ、それだけでパンツがグショグショになった。
Mに「Hしたいな」と囁かれながらブラのホックをはずされ、服の上から乳首をつままれました。
「でも私達友達やん?」と一応抵抗しましたが、「俺、お前のことタイプやもん」と制され、自分に向い合うように私を膝の上に座らせ、服をめくりあげ左手でおっぱいをモミながら乳首に吸い付かれました。
私に見えるように舌を尖らせ乳首を弾いたりするMを見て、「Mってこんなイヤラシい表情するんだ〜」と私までHな気分になります。
アソコにMの硬いオチンチンが当たってるのを感じる。

やがてお互い全裸になり、69。一番弱いクリを舌全体でヌルヌルしたり、音を立てて吸ったり…、Mのテクニックに何度もイッてしまいました。
揚句の果てには、手マンで初めての潮吹き!びっくりしました。
「お前こんなエロかったんやな」と言われながら、アンアン喘ぐ私。
とにかく気持ち良かった。

すると、Mは急にブラインドを上げ、ガラスの前に全裸の私を立たせる。「皆に俺らがHしてるとこ見てもらおう」と言い、立ちバックで挿入。
ガラスに手を付き、Mに腰を掴まれ激しくピストンされている私の姿が窓に写って更に興奮してしまいました。

次はソファの上で対面騎乗位。これが私の一番好きな体位。Gスポットにあたり、いきまくり。
更にまた潮吹いちゃいました。Mのお腹やソファは私の潮でビシャビシャになってしまいましたが、それでもMは激しく私の腰を前後にくねらし続けらし頭が真っ白になりました。

ぐったりした私の足首を掴んで開脚され、Mは正常位でオチンチンを入れてきました。
これでもかと腰を振り続けます。
潮がシーツに飛び散って二人同時に果てMのものが私のおっぱいに飛び散りました。

その日は結局M宅に泊まり、朝までSex。
お風呂場、台所、色んな場所でバックから突かれました。
友達だったMとこんな濃厚なHをするなんて…、しかも相性が良すぎてびっくりしました。
結局、Mは彼女と別れ、私と付き合うことに。
それから4年ぐらい付き合いましたが、今はいい思い出です。MのH、気持ちよかったなぁ〜。

Yahoo!ブックマークに登録

テーマ:えっちな体験談・告白 | 胸キュン

プロフィール

Author:梓狐
女子視点で描かれた性体験が無料で読める私が読みたいエロいgirlstalkまとめブログです。2ちゃんやネットの女子が体験し、女子の視点で語られた彼氏とのH、変態プレイ、上司や先生とのSEXなど女性向けで、女の子を興奮させる大人のエロいガールズチャンネルなアダルトサイトです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気ガールズチャンネルエロトーク
リンク
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム